引っ越しの荷物整理。「思い出の品には触るな!」

今春引っ越しを予定している友人。ぼちぼち荷物整理を開始しているようで、SNSにはその手の投稿が頻繁にされているので進行具合がよくわかります。しかし、どうやら中断せざるを得ない状況に陥っている模様。

 

10年間暮らしたマンションの部屋を引き払うらしいので、溜まった荷物はかなりのようで。一番厄介なのは書類関係の整理ですよね。友人はなんと大学時代のノートがどっさり目の前に現れ、端からパラパラページをめくっている内に動けなくなってしまったんだとか。「あぁ〜、こんなのやってたよなぁ」と思い出にしばし浸ってみたり「あれ?こんなこと勉強したんだったっけ?結構コレ、面白いじゃん、なになに・・・」と昔仕入れたはずの知識をもう一度おさらいしちゃったり。こうなるともう、整理どころではなくなってしまうのは当たり前。あぁ、誰か止めて!

 

引っ越しの荷物整理で困る女性

 

でも、すごーくわかりますよ。私も、今までに何度か引っ越しをしてきましたが、いつもこの荷物整理の段階を乗り切るのが大変ですから。手紙なんて見つけてしまった日にはもうお手上げですね。なんで、中身を確認してしまうのでしょう。引っ越してから見ればいいじゃないですかねー。まぁそれができれば困らないのですけれど。

 

正直、荷物整理さえ済めば、引っ越し作業は「やらなければならないことリスト」を作って、それに従って進めていけば、案外サクサク片付いていくものです。なので「思い出の品には触るな!」は鉄則かも。間違いなく流れを止めてしまいますから。
これから引っ越しシーズンです。引っ越し予定の人、どうか気を付けてください。

SNSで引っ越しの整理がわかる記事一覧

子ども達が巣立ち、気が付けば夫婦二人だけ。住まいが急に広く感じられ・・・。実際、二人で住むには広すぎる家を持て余しているご夫婦は多いかと思います。先日知り合いのご両親が、広くなった持ち家を売り、駅に近く便利な場所のマンションに引っ越しをしたと聞きました。しかし、ご高齢の方々にとって、引っ越し作業はしんどいでしょうね。荷造りなどは力仕事ですし、それ以前の荷物整理にしても手を付けるのも億劫に感じるので...