案外簡単にできた、海外への引っ越し。

結婚で海外への引っ越しを経験した女性

私達夫婦の新婚生活は、いきなり海外でのスタートでした。海外と言っても欧米の大都市ではなく、中国の、日本人には全く馴染みのないところ。普通、女性はそんなの嫌がるものでしょ?と当のダンナまでが言うほど驚かれましたが、私は別に平気でした。それよりも中国と日本とで別れて暮らす方が耐えられないと思ったのです。だって、それじゃあ、結婚する意味、無いじゃありませんか・・・。

ただ、中国に一度も行ったことが無ければ、普通(と、彼が言う)の女性達と同様に一緒に行くのをためらったとは思います。一応、工場視察などのため何度も出張した経験があったので、上海や北京などの誰もが知っている都市でなくとも、そこそこのレベルではあるということを知っていたんです。だからうっかり、ついて行ってしまいました(笑)。

 

パスポート

 

それにしても、今思い返してみても、人生で一番大変だったなと思いますよ。結婚が決まり、お互いの一人暮らしの部屋を引き払い、私の実家に彼が来て1週間だけ一緒に暮らし、彼が先に渡航、残った私は働きながらひとりで結婚式の準備、2ヶ月後退職、国慶節休暇で彼が一時帰国して結婚式、そして一緒に渡航・・・。よく頑張った、自分で自分をほめてあげたいっ!

 

と、気がつくと、海外引っ越しをしたはずなのですが、なんだか引っ越しっぽいことをしていないような。
あれぇ?それもそのはず、彼が必要最低限のものをEMSで段ボール数箱を送り、私の物はとりあえず持てるだけのものを渡航時にスーツケースに入れて自分で運び、その他のものは船便で送ったので、ずいぶん時間が経ってから届きました。新居は家具付きで食器なども彼の勤め先が用意してくれていたので、特に困ることはありませんでした。

 

そんなでしたから、案外簡単に引っ越しできちゃったってことですねぇ。その直前があまりに大変だったので、あっけないくらいでした。

実は簡単だった?ふたりの海外引っ越し記事一覧

引っ越しは何度もしていますが、最も慌ただしかったのは、結婚が決まってすぐの時でしょうか。それぞれ支度をしてふたり一緒に暮らす新居へ引っ越し、というのが一般的だと思いますが、私達のは、ちょっと違いました。と言うのは、一緒に暮らす新居は、日本国内ではなかったので。入籍してから1ヶ月も経たない内に、主人は海外で仕事を始めるべく渡航しなければならず、バタバタと独り暮らしの部屋を引き払うべく荷物をまとめまし...

今までに何度か引越ししてきましたが、最も思い出深い引越しと言えば、勤めていた時2年間香港に駐在し、任期満了につき帰任する際の引越しでしょうか。初めての海外暮らしで不安もいっぱいありましたが、仕事もなんとかこなしてこれたし、プライベートでも何人か知り合いができて、それなりに思い出作りもできた2年間。赴任した時は早くこの2年が経つように、とつい考えたりもしましたが、ひとりっきりで頑張り通せたことで、そ...